自費治療(変色しない被せもの)

自費治療(変色しない被せもの)SELF-SUPPORTING TREATMENT

安城市にある、まきの歯科医院では、患者様のお口のお悩みに、様々な面から対応しています。
虫歯や歯周病といった歯科治療の他に、歯の色といった審美性(見た目)を向上する治療をご提供しております。
白い詰め物や被せ物、歯のホワイトニングにご興味がございましたらお気軽にご相談ください。

セラミック治療

虫歯治療の後は、詰め物や被せ物の治療が必要です。
詰め物や被せ物の材料にセラミックを使用する方法を、審美性の高さから選択される患者様が増えてきました。
セラミック治療のメリットは、お口を開けた際に、銀歯の色が目立たないことです。
セラミックは、安全性が高い素材のため、金属と異なり、口腔内への金属イオンの流出がありません。また、変色しないため、セットした当時と同じ色合いを保つことができます。天然歯のような自然なツヤや、色調を再現できる審美性に優れた治療です。

ホワイトニング

天然歯の色を改善したい場合には、ホワイトニングがお勧めです。
当院では、ご自宅で行うホームホワイトニングを提供しています。
ホームホワイトニングは、初回の来院時に歯型を取り、専用のマウスピースを製作します。ホームホワイトニングは、平日お仕事や学校で来院が難しい患者様でも、ご都合の良いタイミングで実施できるメリットがあります。約2週間で効果を実感できます。継続した使用で、後戻りが少なく、白い歯を持続できることもメリットの1つです。

保険治療との違い

保険の制度上、ホワイトニングについては自費診療のみですが、白い素材の詰め物や被せ物は、一部保険診療で行えることがあります。
簡単に、保険診療内の白い素材を使用した場合の被せ物治療を例にご説明いたします。
前歯の場合、保険診療内でも、白い素材で被せ物を作ることができます。

これは、レジン前装冠という方法で、金属の土台に、レジンという歯科材料を築盛して歯の色調を再現します。
しかし、レジンには、吸水性があるため、経年劣化により色調が黄ばんでくることがデメリットとして挙げられます。また、土台が金属のため、長期間使用することで金属イオンが歯肉へ流出し、被せ物に接する歯肉が黒ずむといったデメリットも想定されます。そのため、保険診療内の白いかぶせ物治療は、長期間の使用には難点がいくつかあるというのが現状です。

自費診療のメリット

セラミック治療には、審美性の他に、お口の衛生環境に優れているというメリットがあります。セラミックの表面はなめらかなため、表面が劣化した金属の被せ物と比べて、プラークの付着が起こりにくいと言えます。このため、詰め物や被せ物の周辺から再度虫歯になることや、歯周病のリスクを減少できます。
また、自費診療では、保険診療とは異なる材料を使用し、より精度が高い適合のよい詰め物や被せ物が完成します。適合が良いことは、再度虫歯になるリスクを減少させることができるため、長期的に良好な予後が期待できます。
安城市のまきの歯科医院では、審美性の高い治療を提供しております。
より自然で美しい口もとに改善したい方、歯の色にお悩みをお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

ACCESS

〒446-0026
愛知県安城市安城町天草77−5

(0566)72-0500

大きな地図で見る